親の介護・相続と自分の老後に備える.com

在宅医療特約付き医療保険

在宅医療特約付き医療保険

SBI生命の医療保険セミナーに参加してきました。地域包括ケア支援事業連合会の前一樹氏が在宅医療について講演され、その後、SBI生命大野文吾氏より、医療保険の開発の背景や内容について講演されました。

在宅医療が推進される理由と内容

今年は、在宅医療に向けて多くの改革が施行されます。背景には団塊の世代が75歳以上となる2025年問題があります。大都市で高齢者の人口が大きく増加します。医療分野では病院のベッド数が不足します。そこで、治らない病気は病院以外で過ごすことになります。

通院できない患者さん向けに在宅医療が強化されます。往診との違いは、往診が急病など治療を目的とするのに対し、在宅医療は病気と付き合って生活を営むためのサービスです。このため、月単位の診療の計画作成や、24時間の対応などが求められています。

推進のため、健康保険政策も変わり在宅医療を専門に行う保険医療機関が許可されます。これまで認められなかったのは、軽度の患者だけを診るクリニックが乱立するのを防ぐためです。対策としては軽度の患者しか診ていないクリニックに対しては在宅診療の保険点数を下げるということが導入されます。

高齢者が自宅で受けられるサービスとしては、介護サービスがあります。これまで、医療については介護スタッフには十分に伝わっていませんでした。今後、ケアマネージャが医師と連携して、介護・医療を一体化した計画を作成します。医療、介護だけでなく、コミュニティーも含めたシステム(地域包括ケアシステム)の構築を目指しています。

ただ、看取りや疼痛管理などの終末期の医療を担える医師の数や在宅医療を支えるIT機器の整備、地域のコミュニティーの育成など、解決しなければならない多くの問題もあります。注目していきましょう。

病院で治療を続けられなくなった時などどこで、どのように過ごすかということは自ら考えておきたいものです。

終身在宅医療特約の内容と特徴

在宅医療を保障するための特約が付けられる医療保険がSBI生命から出ました。医療に対する保障を提供する商品として、在宅で受ける介護サービスや歯科治療はもともと保障の対象外なので、混乱しないように注意しましょう。

給付は月単位で行われ入院給付金日額の6倍(6万円を限度として、70歳以上では給付額が50%になります)の給付を受けられ、通算36月を限度としています。受け取ることができます。掛け捨てタイプで保険料は30歳加入の例では在宅医療特約は、男性540円、女性720円となり、通院特約(男性522円、女性492円)より高く設定されています(主契約男性、3000円、女性3030円)。

医療保険の面倒な点は診断書を保険会社に提出しなければならないことですが、この保険は初回の診断書が必要ですが、2回目以降は診療明細書で済ませることができます。在宅医療には家族の負担も大きいので書類関係の簡略化は嬉しい対策です。

まとめ

保険の特徴は直ぐに保険金が支払われることなので、この様な医療保険もまだ収入が少なく資産が少ない人や、直ぐに現金化できない資産しか持たない人がリスクに備える手段として有効です。自分のライフプランに合わせて選んでください。

在宅医療は国内の人口構成を考えると避けては通れません。前氏の講演で在宅医療の情報を得る手段として、「勇美記念財団」のサイトを紹介されました。サイトに行ってみると看取りのことや、緩和療法のことなど色々な小冊子をみることができます。実際に自宅で看取った方の話などは興味深いものでした。今後、在宅医療の内容も変わる可能性ありますがこのようなサイトを通じて情報を得ていきましょう。

SBI生命在宅医療特約付き医療保険

終身医療保険「も。」商品概要ページ

「在宅医療」講演会ニュースリリース

ファイナンシャル・プランナー 上本勉

上本 勉(うえもと つとむ)

ファイナンシャルプランナー(CFP)、フリーFP、 通信費アドバイザー

前職はエンジニア。2008年退職後、FPとして、リタイア後の生きがいと安心をテーマに活動中。

詳細はこちら