親の介護・相続と自分の老後に備える.com

お墓は引っ越しできる

お墓は引っ越しできる

近年、大都市への人口集中や少子化に伴いご先祖様代々のお墓を継承することが難しくなってきました。お墓については親世代、子供世代どちらにとっても大切な問題です。
遠く離れたお墓が気になりつつ、どう対処したら良いのか分からないという方のために簡単に手順と料金、注意点を紹介いたします。

改葬の手順(お墓ごと引っ越しする場合)

1.関係ご親族に相談する。
2.新しい墓地の資料、情報を集める。その際、ご自身の家系の宗派が受け入れ可能であるか確認しておく。
3.(ご遺骨のある地域に出向き)
・墓地の管理者に改葬の意向を伝えます。
・現在のお墓のサイズと、移動に耐えられないほどお墓が老朽化していないか確認します。
・お墓の工事、移動させる業者を紹介してもらうか、ご自身で探します。(通常は石材店)
その際、見積もり依頼をします。
・市区町村役場へ行き「改葬許可申請書」用紙をもらいに行きます。
4.新しい墓地の見学をする。
5.新しい墓地の見積もりをとる。
6.新しい墓地を決める。
7.新しい墓地に電話等で申し込みの旨を伝える。
8.お墓の工事、移動させる業者を決める。
9.工事、移動業者に電話等で発注の旨を伝える。
10.新しい墓地の管理者に会い
・永代使用料と管理料を支払う(振込みの場合もあり)
・「永代使用許可書」をもらう。
・お墓を移動した日に開眼法要(魂入れ)をする場合、その旨を伝えます。
・3.でもらった「改葬許可申請書」に記入する。
11.(ご遺骨のある地域に出向き)
・ご遺骨のある墓地の管理者に「改葬許可申請書」に署名、捺印をもらいます。
・「改葬許可申請書」「永代使用許可書」を市区町村役場に提示し、「改葬許可証」を
発行してもらいます。
・(お墓の移動当日に閉眼法要(魂抜き)をする場合、管理者にその旨を伝えます)
・工事の内容によって石材店等担当者に会います。
12.(移動当日、ご遺骨のある地域に出向き)
・墓地管理者に「改葬許可書」を提示し、石材店等にご遺骨を取り出してもらいます。
・希望されていた場合、閉眼法要に参列します。
・お墓の撤去工事に立会います。
13.(新しい墓地への移動当日、出向き)
・「永代使用許可書」と「改葬許可証」を提出し、お墓の設置工事、納骨に立会います。
・開眼法要(お魂入れ)をする場合、参列します。
14.石材店等の工事業者は移動元のお墓の跡地の整備工事をします 。

代表的な例として、お墓ごと引っ越しする場合のみご紹介しましたが、古いお墓を畳んで、新しい墓地で新しいお墓を建てたり、お墓を畳んで永代供養墓などに合祀するという事例もありますが、上記でご紹介した手順とほぼ同じ流れになります。
お墓の引っ越しは、意思決定を速やかに行えば最短で1~2か月、新しい墓地で新しいお墓を用意する場合は、2~3か月かかります。

料金

離壇料(寺院墓地の場合) 0~数万円
墓の解体・撤去費用 30~50万円
墓の移動費用、永代使用料(お墓をそのまま使う場合) 50~100万円(移動距離による)
新しい墓の購入費及び永代使用料(新しい墓にする場合) 200万円前後
宗教儀式費用(閉眼、開眼法要等) 各3~5万円
手続き経費(行政書士)利用料 各3~6万円
(ひかりのくに出版「お墓の110番」、週刊ダイヤモンド2013.1.19号 出典)

注意点

・手続きの指揮はお墓の後継者に限られます。
・必ず関係親族全員の許可を得て進めて下さい。
・まず相談されるのはご遺骨のある墓地の管理者(寺院墓地の場合はご住職)になります。
・ご遺骨のある墓地に支払ってある管理費用は払い戻しされません。
・ご遺骨のある墓地が寺院の場合は、移動されると困るので高額な離檀手数料を請求されることがありますが、よく話し合ってトラブルにならないようにして気を付けて下さい。第三者に入ってもらって話を進めることもひとつの策です。
・離壇料はお寺に、墓の解体・撤去費用は石材店に支払うことになりますが、値段交渉する必要はあります。
・ご遺骨が寺院墓地である場合、ご住職の考え方で費用が変わるようです。それまでの付き合い方やお布施などによりますが良好な関係にあった方が気持ちよく応じてくれるでしょう。
・一時的にでもご遺骨の保管場所に困らないように、新しい墓地の受け入れ態勢が整ってから古い墓地の工事を始めて下さい。
・書類の手続きを優先して物理的な移動を進めて下さい。
・書類の手続きは有料になりますが、行政書士に依頼することができます。

出口卓哉

出口 卓哉

ファイナンシャルプランナー,2級ファイナンシャルプランナー,
年金アドバイザー,住宅ローンアドバイザー証券外務員二種,
シニアライフマネージャー1級


l>