親の介護・相続と自分の老後に備える.com

イザ相続がおこったとき、相続手続きはどうするの?

イザ相続がおこったとき、相続手続きはどうするの?

イザ、相続が発生した場合、その後何をどうしたらよいのかがわからず心配だという方は多いと思います。実際に相続が発生した場合、その後の「遺産相続のスケジュール」はどうなっていて、どのような「手続き」が必要なのでしょうか。あらかじめに大まかでも全体の流れを知っておくと、その時になってもあわてなくてすみそうです。

相続発生後のスケジュール

1.遺言書の確認

まずは、「遺言書」があるかどうかを確認します。
遺言書があり、誰に何を相続させるかが書いてある場合には、基本的にはその通りに遺産を相続することとなります。ただし、相続人で違う分け方を決めて、全員が合意した場合には、その合意した内容で分けることも可能です。
なお、出てきた遺言書が自筆証書遺言書または秘密証書遺言書である場合には、簡易裁判所の検認が必要ですので気を付けましょう。

2.相続人・遺産の調査

次に、相続人はだれか、どんな遺産があるかを調査します。
「相続人」なんてわかっているから調べる必要もないわと思われる方が多いのですが、戸籍を取り寄せてみると以外な事実が・・・ということが案外あるのです。後から相続人が出てくると、手続きは一からやり直しとなります。また、相続税の申告に戸籍の添付は必要となりますので、相続人は最初にきっちり調べてください。
続いて、どんな「遺産」が遺されたのかを調べることが相続の肝です。
「遺産」には、現預金、土地・家屋、自動車・会員権などの全てのプラスの財産だけではなく借入金や未払金などのマイナスの財産も含まれます。すべての財産を洗い出したらそれぞれの財産評価をして相続税の申告が必要かどうかの確認をしましょう。相続税の申告が必要となるのは、基礎控除額(5千万円+1千万円×法定相続人)を超える場合です。

3.相続方法の決定(3カ月以内)

遺産の確認をした結果、プラスの財産より借金などのマイナスの財産が多いことがわかった場合、何も手続きもとらないと借金などの返済義務まで相続してしまいます。ですから、もしもマイナス財産が多いときには、財産を引き継がない(相続放棄)、もしくはプラスの財産の範囲でのみ引き継ぐ(限定承認)という相続方法の選択を検討してください。どちらの方法も相続開始を知った日から3カ月以内に手続きが必要で、手続きしなかった場合には自動的に全ての財産を引き継ぐこととなります。財産調査はぐずぐずしていられないということです。

4.所得税の申告・納付(4カ月以内)

 亡くなった方に所得税の申告の義務がある場合、1月1日から死亡の日までの所得に対し相続開始を知った日から4カ月以内に確定申告をしなくてはなりません。これを準確定申告といいます。準確定申告は、通常の確定申告と同様に、還付を受けることもできますので医療費がかかっている場合などは医療費控除を受けましょう。

5.遺産分割協議

いよいよ遺産分割協議です。遺された財産をどう分けるのか、これが相続で一番重たい課題です。

有効な遺言書がある場合は、原則遺言書の通りに財産を分けられますのであまり問題となりません。
遺言書がない場合には、相続人全員の合意のもと、財産の分け方を決めた遺産分割協議書を作成しなければいけません。しかし、この相続人全員の合意を得るということがなかなか難しく時間がかかることが少なくありません。遺産分割協議書に作成の期限はありませんが、これがないと財産の名義変更もできませんし、相続税の申告が必要な場合には相続税の特典も受けられません。得てして財産分割については言い出しづらいものかもしれませんが、避けては通れませんので、早めに取り掛かりましょう。

6.相続税の申告・納付(10カ月以内)

相続税の申告期限は、相続の開始を知った日から10カ月以内です。相続税の申告は、自分でするには難しいものです。相続税がかかりそうだと思ったら、早めに専門家に遺産分割と合わせて相談することをお勧めします。

相続手続きの流れ

羽田リラ

羽田リラ

税理士


l>