親の介護・相続と自分の老後に備える.com

通信料金を節約しましょう!

通信料金を節約しましょう!

通信料金は高齢者だけでなく現役世代でも大きな出費です。料金は複雑で分かりにくいからと、そのままにしていませんか? 
新しく契約したり、他社からの乗り換えで通常は2年間の割引料金で割引額と機械代金を2年間のローン金額がほぼ同じになり、「実質0円」とうたっています。
現在の料金体系では、2年ごとに通信会社を変えて行かないと料金が高くなる仕組みになっています。手間を惜しまず、この手続きをすることで節約していきましょう。

契約月を確認しましょう

忘れてしまって更新(契約)月を過ぎてしまうと、自動更新となり、また2年間の契約期間が始まってしまいます。
途中で解約すると違約金を取られてしまうため、評判の悪いシステムです。政府が今年の7月に問題提起をしたため、各社改善方向に向かっています。
まずは、更新月のお知らせをしていますが、同時に新しい機種をすすめられてしまうため、うれしくはありません。
更新月を過ぎてそのままにしている人はいませんか?約金の額と、通信料金の増加額を払い続けた額を比較してもしも解約した方が得になる場合もありますので、計算してみましょう。

契約期間が終わりそうになったら、ショップに行って、更新月を過ぎるとどれくらい高くなるのかを確認しましょう。思わぬ落とし穴に気付くことがあります。
私はこの前、ショップに行って気が付きました。1)更新月が25か月目であったこと、2)基本料金0円セールの期間に契約したことです。基本料金が入り更新月を過ぎると通信料金は2倍に跳ね上がってしまうところでした。

機械の本体を吟味しましょう

新しい機械がでると欲しくなってしまいます。もちろん、新しい物をもつことが何より重要という人は他の出費を削ってでも買うのかもしれません。また、仲間との集まりで操作を教えあったりすることが、コミュニケーションのきっかけになるなら仕方ありません。それ以外の人は必要な機能を備えていればよいと考えてください。

最高機種と普及型では4、5倍の値段に違いがあります。現金で買う場合とローンで買う場合では金利分の差があります。高い機種を一括で買うのは勇気がいりますね。実質0円と言われるとついついローンにしてしまいます。高い機種ほど現金とローンで支払う額の差が大きくなります。ご自分が現金で買ってもよい値段の機種を選択しましょう。現金、ローンは単に値段だけではありませんので、ご自分にあった支払い方法を考えましょう。キャンペーンによってはローン支払いでの乗り換えに有利になる場合もあります。

筆者の格安SIMとモーバイルルータ 筆者の格安SIMとモーバイルルータ

使い方に合った料金体系を選びましょう

使い放題パックとうたった料金体系を選んでいる人も多いと思います。今の使い方と合っているか確認してください。若い時は対戦型ゲームや動画閲覧を移動しながらすることが多いので、通信料が多くなります。ただ、高齢になりご自宅にいることが多くなると、動画はテレビでとか、ゲームはしなくなるといった人も多いのではありませんか?

料金の支払い明細書にはその月に使ったデータ通信量や、通話量が記載されています。
また、使い放題といっても、月や1日に使えるデータ量に制限があり、それを超えると崇信速度が遅くなってしまいます。
私は、タブレットは別に使っている関係から、月のデータ使用量は1G BYTEにもなりません。使い放題パックは無駄になっています。
親子で同じ通信会社の場合は家族割引という制度も利用できます。

格安SIMも検討しましょう

格安SIMは大手の通信会社からまとめて通信量を買って小分けして売っています。通信自体は大手のものですので問題はありません。ただ、多くの人の通信が重なるとまとめ買いしている通信量の制限にかかり繋がり難くなるといった問題があります。

大手通信会社が独自に設定しているアプリなどは使えない場合もありますが、通話やメール、LINEやFacebookなどの一般的なアプリは問題なく使えます。またデータ通信量は各社細かく設定しているので、ご自分の使うデータ量に合わせて契約してください。データ量がオーバーすると追加ができますが、割高になるので、あまり使わなくて済むように通信量を決めておきましょう。

ナンバーポータビリティの場合、量販店内や独自にショップやカウンターをもっていない場合は電話がつながらない期間が生じます。ショップやカウンターがあるか確認しましょう。

終わりに

スマホなどの移動体通信はご自分の生活に合わせたものを選んでください。機種もいろいろありますが、仲間のもっている機種を使いたいということ以外は不必要に高い機種を選ぶ必要はありません。また、契約期間が近づいたら、ショップに行って更新月や、いくらぐらい高くなるか確認をしてください。同時に、今使っているデータ量、通話料なども確認してください。他社の乗り換えキャンペーンや格安SIMも併せて考え、無駄のない通信環境を整えてください。
わずかの手間で大きな料金の差になります。面倒がらず検討してください。

ファイナンシャル・プランナー 上本勉

上本 勉(うえもと つとむ)

ファイナンシャルプランナー(CFP)、フリーFP、 通信費アドバイザー

前職はエンジニア。2008年退職後、FPとして、リタイア後の生きがいと安心をテーマに活動中。

詳細はこちら