親の介護・相続と自分の老後に備える.com

介護に便利な福祉用具

介護に便利な福祉用具

皆様は福祉用具を扱ったカタログをご覧になったことがあるでしょうか?
各社それぞれ写真付きで様々な商品が紹介されています。
意外と知られていない福祉用具の知識と最新の福祉用具事情についてお伝えします。

福祉用具とは

介護保険で利用できる福祉用具とそれ以外の福祉用具があります。ここではまず、介護保険での福祉用具の説明をしたいと思います。
福祉用具は「要介護者、要支援者が日常生活を自立して送るために使用する用具」、「介護の負担を軽くするために使用する用具」のことです。
また、介護の必要度の変化に応じて用具を交換できるように原則貸与(レンタル)になっています。貸与対象品目は毎年検討され、需要が高いものは追加されています。

介護保険対象の福祉用具貸与とは<対象となる13種目>

  1. ① 車いす・・・標準車いす、電動車いすなど
  2. ② 車いす付属品・・・クッションその他附属品で車いすと一体的に使用するもの
  3. ③ 介護用ベッド・・・サイドレール(ベッド柵)が取りつけてあるものや、取りつけることが可能なもので、高さ調整や背上げ、足上げ機能などができるもの
  4. ④ 介護用ベッドの附属品・・・マットレス、サイドレール(ベッド柵)など
  5. ⑤ 床ずれ防止用具・・・空気をマット内部に送り込むエアーマットにより、床ずれ防止が出来るもの
  6. ⑥ 体位変換器・・・空気パッドなどを身体の下に敷き、体位を簡単に変えることができる機能を持つもの
  7. ⑦ てすり・・・取り付けに工事を伴わないものに限ります(突っ張り棒式やパネルやフレーム付など)
  8. ⑧ スロープ・・・段差解消のためのもので、取り付けに工事を伴わないものに限ります。
  9. ⑨ 歩行器・・・歩行が難しい方の歩行機能を補う機能があるもの
  10. ⑩ 歩行補助杖・・・松葉づえ、多点杖など。 一般的なT字型の1本杖は対象外になります。
  11. ⑪ 認知症老人徘徊感知機器・・・認知症の老人が屋外へ出ようとした時に、センサーにより感知し、家族、隣人等へ通報するもの
  12. ⑫ 移動用リフト(つり具の部分を除く)・・・身体をつり上げまたは体重を支えるリフトです。自力での移動が困難な方の移動を補助するものです。(取り付けに住宅改修を伴うものを除く)
  13. ⑬ 自動排泄処理装置・・・尿または便が自動に吸引される装置。平成24年4月から貸与対象となりました。

などがあります。また、要支援1・2、要介護1の方と要介護2~5の方では貸与できる用具が異なります。また、その方の状態や病状により利用可能なものもありますので、利用したいときはケアマネジャーなどに相談してください。

◆特定福祉用具の購入の対象品

入浴や排せつに関した品目や直接体に触れるものは、購入物品となっています。

  1. ① 腰掛便座(据え置き式便座、補高便座、ポータブルトイレなど)
  2. ②自動排泄処理装置の交換部分(レシーバー、チューブ、タンクなど)
  3. ③ 入浴補助用具(浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴用いす、すのこ、入浴介助用ベルト、バスボードなど)
  4. ④ 簡易浴槽(ビニールプールのような、お風呂版です)
  5. ⑤ 移動用リフトの吊り具(直接体に触れるため)

福祉用具を利用したいときは

まずは担当のケアマネジャーに相談しましょう。ケアマネジャーが心身の状況や環境、生活歴などから課題を分析します。
福祉用具の事業所に連絡し、福祉用具専門相談員のアドバイスをもとに福祉用具を選びます。費用や使い方の具体的な説明もしてくれます。
サービス担当者と話し合い、ケアプランを作成します。
貸与の場合は指定事業者と契約を結び、毎月指定事業者へ貸与費用の1割を支払います。

介護保険で認定されない場合、介護保険適応外になった場合は、全額(10割)負担で借りることが出来ます。福祉用具の事業所にご相談下さい。
また、搬入、設置、交換、返却も全て業者が行います。

特定福祉用具購入の場合は、指定事業者へ全額料金を支払います。その後市町村に費用支給の申請を行い、9割の支給を受けます。
ただし、市町村によって支払方法は異なることがありますので、契約時などにご確認ください。
特定福祉用具購入は1年間で10万円以内です。

福祉用具を利用するときの注意点

福祉用具は、使用するご本人の状態や状況をよく考えて利用しましょう。
ベッドや車いすや歩行器などは住環境によって、サイズや種類が限定されてしまうこともあります。
便利な福祉用具ですが、使用方法の間違いにより重大事故や、衛生に気を付けないと感染症にかかる可能性もありますので十分注意しましょう。
貸与品の場合は交換が可能なので、使っていて合わない場合はケアマネジャーや事業者に相談しましょう。

その他

紙おむつは市町村独自の助成などをしていることがあります。また、医療費控除の対象商品などもありますので、ご利用に際してはお調べ下さい。

介護保険対象以外にも、いろいろと便利な福祉用具、介護用具などが開発され販売されています。
デパートや大手スーパーなどに介護ショップなどがあり、介護用品も手軽に購入できるようになりました。
そこには福祉用具専門相談員がいます。厚生労働大臣が指定した、専門相談員指定講習会の課程、計40時間の講習などを受けています。いろいろ相談して購入することができるのではないでしょうか。

最新!福祉用具、福祉機器事情

2013年9月18日から20日まで、東京ビッグサイトにて国際福祉機器展が開催されました。16か国585社・団体から約2万点の福祉機器が展示され、40周年を迎え特別企画も多数開催されました。その中の一部をご紹介します。

東京ビッグサイトにて国際福祉機器展 東京ビッグサイトにて国際福祉機器展

○認知症高齢者の増加に伴い、見守りセンサーなどの開発が進んでいます。赤外線やカメラを使用し、パソコンやスマートフォンで確認できるものなどの商品化が進んでいます。
これができれば、遠方のご家族でも安否確認ができるようになるでしょう。

○福祉車両は、軽車両でも後部のハッチバックから、らくらく車いすが入れるものがあり目を引きました。
また、車外の車椅子から簡単に移動ができる車内リフト付きの車両もありました。トヨタ、日産、ダイハツ、マツダ、ホンダ、スズキなど各社の福祉車両が勢ぞろいで車好きにはたまらないエリアではないでしょうか。

福祉車両 福祉車両

○福祉分野ではアシストロボット開発が注目されています。毎日の移乗、移動動作は大変なので、アシストロボットや、上肢に障害がある方の装着型の装置などがあります。
また、人形型の見守りロボットは、うなずきや声掛け、簡単な会話などが出来ます。また、薬の飲み忘れ防止ができる装置なども開発されています。

○階段を車いすでらくらく移動できる階段昇降機などは、階段があるお宅には便利だと思います。

○近年、介護食の開発も進んでいます。フリーズドライやレトルトなど栄養バランスが整い、その方にあった嚥下しやすい状態のおいしい食品が数々ありました。ネット販売で宅配されるので手に入れやすいシステムになっています。

○高齢者・障害者などの生活支援グッズも多数ありました。レンジグリルや炊飯器や体組成計などは聞き取りやすい報知音や声でお知らせするものがあります。また片手で扱いやすい食器や調味料入れ、お箸などもあります。

○車いすは機能性、デザイン性、安全性など目ざましい進化を遂げています。車いす使用者の方がたくさん訪れ、活発なエリアとなっていました。

入場は無料ですが、事前申し込みで招待状が送られてきます。また、シンポジウムやセミナーは一部、申し込みや有料のものもあります。とにかく、総面積5万平方メートル以上の広大な会場にたくさんのブースがあり、見学するにはたっぷり1日以上かかりそうです。

松尾 孝子

松尾 孝子(まつお たかこ)

ユアライフステージ代表、 ファイナンシャルプランナー(AFP)、看護師 介護支援専門員(ケアマネジャー)、心理相談員、 社会福祉主事任用 シニアライフアドバイザー 、所属学会:交流分析学会 日本抗加齢医学会学会

詳細はこちら


l>