親の介護・相続と自分の老後に備える.com

電気を上手に選ぶには? 
~電力自由化が始まります~

電気を上手に選ぶには? ~電力自由化が始まります~

2016年4月1日から電力自由化となり、小売業者を自分で選ぶ時代になりました。
TVや新聞雑誌などで各社のアピールが始まっています。どんな会社があって自分の家は何を選んだらいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
それぞれの地域や、家族構成、暮らし方でどの会社や団体のどのようなプランがあっているか良く知り、選ぶことが大切です。

電力自由化とは

2016年4月から、電力小売りの自由化が始まり、サービスや価格やライフスタイルをもとに消費者が電力会社やプランを選べるようになります。
どの電力会社でも電気の質には違いはありませんが、価格やセットになるサービス、発電方法やサポート、契約期間など電力会社により様々な違いがあります。
また、今回の自由化に伴い、「スマートメーター」が現在利用の電力会社により設置されます。これは電気の使用量を自動的に検針し、電気の使用量を時間帯別に計測して利用できる電気メーターです。電気使用量の見える化により、省エネにつながると期待されています。

選び方のヒント

2016年3月現在、電力小売りの参入会社は、253社あります。今後も変動が見込まれます。
選択肢がたくさんあると、どのように選んでよいか迷いますね。
そこで現在ネット上では、比較サイトが数か所あるので参考にすると良いでしょう。

比較サイトを利用した選び方の例

1.まず電力会社の「電気ご使用量のお知らせ」を準備しましょう。次に比較サイトを開きます。

2.郵便番号、現在利用している電力会社、現在のプラン名、アンペア数、電気料金、同一世帯の人数、ガス契約の有無(オール電化、電気と都市ガス、電気とLPガス)、生活の時間帯画面などの指示に沿って入力します。

3.それらの項目に入力したら、シミュレーション結果へすすむをクリックすると、候補プランが出てきます。

4.会社名、お勧め度や一年間の実質の節約の金額などが記載されています。

5.それらをもとに比較しましょう。

6.候補が絞り込めたら、出来れば候補のHPや資料で詳しく検討しましょう。相談電話受付もあるので実際に不安な点や疑問点を聞いてみましょう。

注意ポイント

1.結果は自分に合ったランキングとして数社出てきますが、単純に示された金額がまるまる節約できないこともあります。どのようなサービスか、自分が対象になるかなど細かい点もチェックしましょう。(例えば、ガソリン割引やネット加入などのサービスを使った場合のセット値引きなど)

2.4月から電力自由化が始まりますが、まだ完全に情報が明らかにされていません。6月や9月からプランが公開、新規に参入する会社もあるようです。早期に申し込むとお得といったキャンペーンが各社あるようですが、慎重に検討しましょう。

3.また比較サイトもいろいろあるので、複数のサイトでお勧めランキングを比較するとより良いプランが見つかるかもしれません。

4.オール電化の場合は、一度電力会社を変えると再度変更できない場合があるようなので注意しましょう。

5.都市ガスと電気使用家庭の場合は、再度変更時に違約金が発生する会社もあるので確認しましょう。

6.節約より、新電力やクリーンエネルギーを利用したい。小規模だけれど地元の会社や団体を応援したい。などを検索できるサイトもあります。

電力自由化の本当の目的は?

私たちの生活に電気は欠かせません。
今回、自分で選べるからこそお得な電気会社やプランを選んだり、自分のライフスタイルに合った電気の使い方や節電を検討したり、大事にエネルギーを使うという意識を持つ良い機会ではないでしょうか?
また、より安全で安心な電気について考えていくことで、日本や世界のエネルギーの将来に大きな変化をもたらすのではないでしょうか。

参考サイト

資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp
エネチェンジ http://enechange.jp
価格コム http://kakaku.com/energy
新電力比較サイト http://power-hikaku.info
その他、「電力自由化比較」「新電力」などで検索できます。

松尾 孝子

松尾 孝子(まつお たかこ)

ユアライフステージ代表、 ファイナンシャルプランナー(AFP)、看護師 介護支援専門員(ケアマネジャー)、心理相談員、 社会福祉主事任用 シニアライフアドバイザー 、所属学会:交流分析学会 日本抗加齢医学会学会

詳細はこちら


l>